News



News
・Mix,Mastering受付再開致しました。
オンラインマスタリングについてはコチラ
オンラインミックスダウンについてはコチラ

2011年7月31日日曜日

過去ログ:2009/04/10



『ちょ、おま』


最新記事にスポンサーサイトが表示されるようになってるじゃまいか
FC2やっぱ運営厳しいんかな…

さて今日もアニメ店長に叱られてくるかのう



2011年追記-----------------


この頃からFC2ブログにて広告表示がデフォルト導入された。
非表示にはできるがそれと引き換えにページの表示が遅くなる、という仕様変更だったはず。

現在に至るまで変わっていないだろう。





2011年7月30日土曜日

過去ログ:2009/04/05



『ブランク一年 社会復帰の巻』


さてさて初出勤いってきました。
約一年ぶりのお仕事。

前職は座ってコーヒー飲んで煙草吸ってお客さんに相槌を打つ仕事でした。
して今回のお仕事はというと立ちっぱなしで接客するお仕事でした。

六時間しか働いてないのですが明らかに疲労が…w
リハビリするしかないですねぇ

覚える事がたくさんあるお仕事で中々難しいですが、やりがいを感じたので適度に頑張っていけたらと思います。


さぁ日々が充実してきましたよ
完全復活へ向けてジャスタウェイッ!であります





2011年7月29日金曜日

過去ログ:2009/04/03



『この自宅警備員からの卒業』


アニメイト受かりました。
働いてなかった期間一年弱。もうどうしようもないブランクですね。

まぁやるしかないですよ
社会復帰koeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

アニメ店長までの道のりは遠い…





2011年7月28日木曜日

リスキーゲーム歌ってみたver.もっちぃ



会いたい気持ちで僕はTrackDown





過去ログ:2009/04/01



『ついにシャーマンキング完結』


あの…未完の超大作が完結…だと…ッ!?

作者の武井宏之氏。
僕の実家の隣村出身の方のようです。

自宅はシャーマンキング博物館みたいになってるらしいです(我が家の家族談)


全巻で二万七千円と、とてもリーズナブルな価格ですね!

アボガドー(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻


自宅警備員の僕は24巻~27巻の三冊で我慢したいと思います…





2011年7月26日火曜日

過去ログ:2009/03/31



『予期せぬ事もあるものです』


面接いってきやす
場所はアニメイト。ヲタクのメッカですn。


三週間ぐらい前に履歴書出して音沙汰無し
ああ落ちたな、と諦めていたところに

「里内 色さんですか?その後お仕事はお決まりでしょうか?欠員が出たので明日面接(ry」

と電話が

ラッキーなのかなんなのか良くわかりませんがやったー!


僕面接には自信がありましてん。最高の作り笑顔で逝ってきたいと思います。
さぁみんなの力をオラにくれぇぇッ!!!!!



2011年追記-----------------


あれ、ここで面接?
3/30は何を思ってあれを書いた?

覚えていないという事はどうでもいいことなんだと思う

しかし奇妙だ





2011年7月24日日曜日

過去ログ:2009/03/25



『侍ジャポン』


「社会に出たら【宗教】【野球】【女】の話をするな」というのはあまりにも有名です。

観ました。先日WBC。
あらかじめ言っておきますが僕野球全然興味ありません、むしろサッカーが好きです。

でもね、祭りみたいなもんじゃん。WBC。ね。


友人がたまたま休みだったのでサンマ(三人麻雀)しながら観戦。

3対3の局面でのイチロー。粘りに粘っての二点タイムリー!
泣きそうになりました。もちろん有給をとって見ている人。日本全土が涙したことでしょう。


ヒーローインタビューで印象に残った一言


インタビュアー「スタジアムを一周しての感想はどうですか!」

イチロー「はい。イキそうになりましたね!」


おい日本は昼だぞ
お茶の間が困るだろ

だがイチローだからおk!


まぁそんな感じで観戦を終え、「よし俺らも侍ジャパンに恥じない麻雀すんべ!」と九回ほど半荘をしました。

結果、私+-0。

はい。逝きそうになりましたね!

そんな穏やかな一日





2011年7月23日土曜日

過去ログ:2009/03/17



『出戻りクルーザー』


帰ってきました実家。
自分で作らなくても食事が出て来るって素晴らしい!布団が暖かいってサイコー!

と実家生活を満喫してるわけですが依然ニートです。

早く仕事を探さなければ…
リハビリがてらの軽いのがいいです。


ニコニコ見たりFFやったりと東京でやってた事となんら変わりの無い生活を送っていますが、気持ちがとにかく楽で良い感じです。
まったりと曲でも作りながら療養したいと思います。

どんな一年になるのかなー





2011年7月22日金曜日

過去ログ:2009/02/18



『引越し前夜』


引越しです

先日、お世話になった心療内科の先生にご挨拶をしてまいりました。
帰り道「あー、一つ終わったなぁ」などと感慨深く帰宅していると見覚えの無い番号から電話が。

「株式会社○×△ですが面接を行いたいのですが20日ご予定はおありでしょうか?」


へんじがないただのしかばねだ と思っていて諦めていた会社からの面接のお電話でした。
現在の品川の実家を19日に出なければいけない旨を伝え、何とか面接の日付を手前にずらして頂きました。

んで面接。やるだけやりました。
手ごたえは感じましたがまぁ後はなるようになるでしょう。
東京に残る希望が一つ出来ただけで僕は少し気が楽になりました。


して明日には引越し。
もし面接通ったならすぐ東京に戻らないといけないため荷物の一時預かりをやっている業者を選びました。

今日見積もりをとったのですが値段69800円
死んだ…これは死んだ

何か日割り計算で最後に返金してくれるそうですがとりあえず現在の全財産もってかれました。
面接の結果来るまで仕事探すわけにはいかないしどうしろと。僕は終わりました。


お金の話なんてどうでもいいんです
よくないけど

急ピッチで荷造りしていると専門学校時代のノートやら会社入ってから使っていた手帳とか出てきまして色々想いが駆け巡ります。

中でも会社時代の手帳がひどく、僕の壊れていく経緯が刻み込まれていました。
俺がんばってた!ホントよくやってたと思うよ!


最後に困ったのが同居人が持って行きそびれたもの
俺はおまえの思い出のアルバムまで処分できないぞぅ

大切なものが出てきて困ります。


これからPCシステムをバラシますので東京品川区からお送りする「からぁの部屋」は今日で終わり。
次に更新するのはネカフェからか…?どうでもいいや


では機会があればまたお会いしましょう
みなさんが充実した毎日を送れますように





2011年7月21日木曜日

過去ログ:2009/02/16



『 』


夢というものに置いて行かれた僕はまもなく東京を去る事になりそうです。


人はいつしか夢というものを見なくなります。
野球選手になりたかった人、歌手になりたかった人。

大人になるにつれ自分と夢との距離を知ってしまった人の大半はその果てしなく長い道を追いかけなくなるものだと思います。
それが大人になるということなのかもしれません。


僕は音楽が好きで高校時代バンドをやっていました。
ただ演奏者、アーティストとしての才能が自分に無い事に僕は気付いていました。

それでも音楽に日々触れていたかった。作り手でいたかった。


「裏方でならそれができるかもしれない」

そう思った僕はレコーディングというものを学ぶ専門学校に入りました。

軽い気持ちで進んだレコーディングの道。
けれどもそこで学んだ一つ一つの事はとてもとても楽しくそして輝いていて「自分の居場所はここだ」と思いました。

そうして日々は過ぎ、僕は小さいながらもレコーディングスタジオという音楽業界の狭き門に潜り込む事が出来ました。

そこでの生活は毎日が忙しく、僕の信じていた音楽というものが崩れていくような感覚を味わいました。
月日が流れるにつれ自分は音楽好きなのかどうかもわからなくなっていきました。


消費されていく音楽
詐欺と言ってもおかしくない音楽

色々なものに侵食され僕の心は暗く淀みました。

それでも数回ながら素晴らしいアーティストに出会う事が出来たり、尊敬できる人間に出会うことができたのが唯一の救いだったかもしれません。


専門学校の同期で音楽業界に進んだ人はほんの少ししかいませんでした。

それでもその友人達と「いつか絶対俺たちの音楽を世の中に出そう」と夢を語りあい僕は仕事の傍らで友人達と音楽を創り続けていました。

それがほんの少しだけ自分に残された希望だったから。


今から数えて一年前の二月。僕はうつ病を患い仕事を辞める事になりました。
夢を叶えたけれど僕は夢を見続ける事ができなかったのです。


仕事を辞めてからも、僕の体は音楽を創る事を欲しました。

友人も素人に毛の生えた程度の僕にMIXの仕事を回してくれたり、音楽製作の過程に僕のアイディアをねじこんでくれたりと支えてくれました。

第一線を離れた僕ですが音楽を聴くときは常に自分の感性が衰えてしまわぬようにと耳を使っていました。


そうして凛とした速度で月日は流れ今の自分がいます。
大切な人は夢に向かい僕の元から羽ばたいていきました。

僕も最後の力を振り絞り、音楽業界への復帰を目指しましたがそれは叶わずまもなく東京を離れる事になるでしょう。


今の僕の年齢が若いかどうかはわかりません。ただ僕の思い描いていた自分には届かなかった。
それでも音楽を僕は変わらず好きでいます。


実家に戻ってもこの気持ちは覚えているかな?
現実に押しつぶされずにまた夢を追いかけれるかな?


今は光の見えない暗闇にいるけど、いつかそんな日々も歌になる日が来ればいいなと思います。

悲しくても僕は泣かない。泣けないと言ったほうが正しいんだけれど。
辛いことも楽しいことも大切な経験だから。

もしまた夢に追いつける日がくればその時は嬉し泣きしてやろうと思います。
いつの日かみんなで音の中で遊べる日がまた来たら、一緒に転げまわるほど笑ってやろう。


自分の居場所は自分で見つけるしか方法はない

死ぬまで生きてやります
未来は生きた先にしか転がっていないから


2011年追記-----------------

ここが一番「死」と隣り合わせだった気がする。
友人や両親の存在がなければここに僕はいなかっただろう。

本当にありがとう





2011年7月20日水曜日

過去ログ:2009/02/08



『愛しき人へ』


今日明日、同居人が引越しします。

恋人だった人
親友だった人

とてもとてもたくさんの時間を共有した人です。
楽しいときも、辛いときも、苦しいときも一緒にそれを分かち合ってくれました。

夢に向かって一途な人

絶対成功すると僕は思っています。


どうか元気で素敵な毎日を送ってください。
少しでも多くの幸せがあなたに降り注ぎますように。

これからも最高の友人として僕にお付き合いください。
悩み事あったら相談に乗るし、乗ってくださいw


さようならじゃなくてまたね
ありがとう





2011年7月18日月曜日

過去ログ:2009/02/06



『そういえば』


先日友人のk1217tak氏と食事もとい俺の人生相談に行って参りました。

会うと早々に「おまえ太ったw?」とtak氏。
顔の周りに肉が多少ついたようです。

そりゃ寝てメシ食ってパソコンさわって寝てるだけだからな(後日体重を計ると52kgでした。一番痩せてた時45切ってたので激太りです。でもこれが正しい体重だと思います)。

俺の現状を話しつつ安い焼肉屋で相談に乗っていただきました。

tak氏いわく、2007~2009年は僕、大殺界のようです。なかでも2008は酷かったらしい。
鬱をやったのも仕事辞めたのも彼女にフラれたのもそう 2 0 0 8 年


占いの類いは信じない僕ですがあまりにも的を射ていたので驚きました。

ってことはですよ
今年はちょっとマシなんじゃないすかコレ?

そう思って行動しよう。そう決めました。


なにはともあれtak氏Thanks!
全然飲んでないわりに帰りに道端で嘔吐したりして楽しかったよ!


そんな日常の一コマ





2011年7月17日日曜日

過去ログ:2009/02/06



『初めの一歩になればいいな』


行ってきました。面接。


面接官「僕としては研修期間無しで即戦力で働いて欲しいんだよね。経歴も申し分ないし。」

ほうほう、マジすか。嬉しいな。(´・ω・`)


面接官「ただ……鬱なんだよね…?」

キターーーーーーヽ(´ー`)ノーーーーーーーーーーーーーーーーッ!


面接官「社長に話通してもう一回面接来てもらうかも。
    社長が「そんな奴イラネ」って行ったら申し訳ないけどごめんね。」

(´・ω・`)


神様。もしいるなら社長の首を縦に千切れんばかりに振らせてください。
来週、僕の運命が決まります。

なるようになる

Let it be





ひとりぽつんと『夢喰い白黒バク』歌ってみた



甘美な淫夢をTrackDown





2011年7月16日土曜日

過去ログ:2009/02/05



『転機?天気?』


なんでまたブログをすごい勢いで更新しているかというと色々と何か起きてます。
明日は面接です。ヒゲを剃っていきます。

8日は同居人が引越しをするので家出しなければなりません。
で、同居人が出ていった家に2月19日まで住んでてもいいそうです。はい執行猶予。

面接落ちれば実家に出戻り。


うーん、どうでしょう?





2011年7月15日金曜日

過去ログ:2009/02/05



『無職生活を満喫する為に』


失業手当をもらうには決められた認定日という日に必ずハローワークに行かなければいけません。

この時二回程度(確か。記憶曖昧orz)の求職活動をしていなかった場合、不認定となりお金は支給されません。

求職活動とは文字通り履歴書送ったり、ハロワの特別講習会に出たり、窓口で就職に関する相談をしにいったりしなければなりません。


とても面倒で労力のかかることだと思いませんか?
「どうして今までお金を払ってきたのに貰うときにそんな手間がかかるんだ!」

とふつふつと怒りが込み上げてきませんか?


抜け道があります。ご参考までにどうぞ↓


まずインターネットの求人サイトを見つけます。何でもいいと思います。
リクナビだとかなんだとか。今は一杯あると思います。(僕は音楽業界で働いていたのでMusicman-NETを利用しました。)

とりあえず何でもいいです。電子履歴書で求人を募っているところを探しましょう。

サクサク、ウェブ上で電子履歴書を書きます。志望理由もありきたりな言葉でいいです。
んで送信。ポチっとな。


おめでとうございます!無事、求職活動1個成功です!


ハロワの書類に「インターネット求人サイト○○○から株式会社○○○に電子履歴書にて応募。現在返答待ち。」と書きましょう。

ね、簡単でしょ?でもこれ通用するんです。

さぁ罪悪感など知らない顔して給付金を受け取りましょ~。
あくまで僕たちが払っていたお金ですっ!


※2008/6月くらいに僕はこの方法で給付金を受け取っていました。

品川ハローワークにてこの方法を利用したのですが、地区によって通用しないところもあるかもしれません。
後、求職活動と認められるものは日々規定が変わってるようなのでその点はご了承ください。


追記:無職生活においてとても参考になったサイトがあります。管理人さんには土下座したいくらいです。是非、一度訪問してみてください。勝手にリンクごめんなさいw

失業保険のもらいかた~豊かな失業ライフをあなたに~





過去ログ:2009/02/05



『会社を辞めたら、まずすること』


まずあなたが在職時、雇用保険を払っていたとしたら退職後すぐハローワークにいきましょう。
失業手当というものが給付されます。

自己都合による退職の場合、基本は三ヶ月間の待機期間というものが存在します。
もしあなたが病気などで止むを得ず会社を辞めることになったのなら、この期間をパスしてすぐに給付金を受け取ることができます。


僕の場合を例とします。

在職中、うつ病を患いました。
僕は辞めるつもりは無かったのですが会社に言いくるめられ、自己都合による退職に追い込まれました。(とはいっても仕事すら困難な状態だった為仕方ない話ではあります。恨むつもりもありません。)

突然の解雇。

自業自得ではありますが当然、当面生活する為の蓄えなどしているはずがありません。
「雇用保険を払っていた場合、ハローワークから失業手当が出る」ということは知っていました。

しかし会社からの離職票にはデカデカと自己都合、と書かれています。

ハロワに行き、窓口で「会社には今より少し楽な仕事に就かせてくださいと言いましたがそれは通らなかった」と伝えました。
病気でも働く意欲があったことをアピールしました。

すると専用の書類を渡され、「この書類に医師の方からの診断表を書いてもらってきてください。」と言われました。

そうして初回講習日の日に書類を提出し、無事会社都合の為退職ということになりました。


以上、参考になるかどうかは分かりませんが僕のケースをここに記しておきます。





2011年7月13日水曜日

過去ログ:2009/02/03



『ひさかたぶり』


だいぶブログ放置してしまいました。
その期間何してたかというと


死 ん で い ま し た


いや厳密に言うと寝たきり老人でした。


お金が無いので病院にいけない→薬もらえない→眠れない→病院(ry

負のスパイラル∞


奇跡的に叔父の援助を受けて病院いけたので今は平静を保てています。


今月中旬には家を追い出されます。
履歴書も送りましたがへんじがないただのしかばねのようです。


うーうー

寒い実家には帰りたくないよぅ。


どうなることやら





2011年7月11日月曜日

過去ログ:2008/09/29



『お叱りお叱り許して許して』


はい。無職ニート自宅警備員の里内です。
こんな僕にも光明で巧妙な孔明の罠。いや光があるだす。

専門学校時代。いつもどおりのメンツで酒を酌み交わしてる時にポロっと出た言葉。


「三年後に会社建てようぜ!」


誰が言ったかすら覚えてないんですがそんな言葉が出てきました。

そしてそれが現実に近づきつつあります。
あれジャスト三年?それともそんな経ってない・・?まぁどうでもいいや。


で、先日その起業仲間から電話が来ましてお叱りを受けました。

「この間調べてって言ったいおgfはsどいfはsdbどうなった?ちょっとしっかりしmkklんgjfdj?」

脳内強制ポジティブ変換で会話内容は文字化けしていましたが明らかに怒ってらっしゃる。
「ごめんなさい」と謝り電話を切った後FFしながら心の中でヤヴェーヤヴェーと叫んでおりました。


でその調べ物の期日は本日月曜日。
夏休みの最終日に宿題と自由研究をやる派の私は本日早朝より起きて問題の調べ物を
したわけです。


ほうほうこんなのあるんか。へぇー。何とかなるんじゃね。
参考となるウェブページとその中身の概要をまとめてメールにズサグサウワァと書いていきます。

して送信。これ俺調べたけど役に立つんかな?
腐った脳みそはてんで役に立ちません。もうダメぽ。


はてさて起業仲間でここをご覧の方。誠にごめんなさい<(_ _)>
この場を持ちまして再度謝らせて頂きます。


こんなんじゃクビ切られちゃうね♪
まじで死ぬか俺くそったれ


2011年追記-----------------

いやー、振り返って日記読み返してみるとホント病んでるねー。
今もそんな変わらないけれど。

しいて変わった点はネトゲ廃人から抜け出したくらいかっ

この後もしばらく鬱日記が続く





2011年7月9日土曜日

過去ログ:2008/09/13



『現実逃走記』


どもお久しぶりです。里内だよぅ

最後にブログを更新したのが6/15。三ヶ月前ですね。長いこと放置したもんだ。
投コメ見てもエログエログからのものばかり。氏ねやカス業者ども。

まぁ毒づいても何も始まらないないですね^^わかります^^


三ヶ月何してたかっていうと仕事も決まり元気に働いてましたよっと。
新しい職場にとまどいながらも一つ一つ学んでなんとか職務をこなしています。
福利厚生、給与など不満は多いですがなかなかいい職場に巡り合えました。



自宅警備員難しいけど頑張ってます><



ニコニコ動画を閲覧したり、ネトゲしたりと忙しいですがとてもやりがいのある仕事だと思います!


はいこの記事を読んだそこのあなた。

「死ねよクソニートが( ゜Д゜)」


思いましたね。いいえ思ったはずです。心の底から。

とりあえず落ち着いてお茶でも飲みましょうか。一服して空なんか眺めてみましょう。
今日はとても晴天ですよ。


仕事してようがしてまいが万人の上に等しく太陽は上がりそして沈みます。
大事なのは「死なないこと」。それが生きるってことなんじゃないかと最近思ってたりします。

死んだら家族にも友達にも会えません。寂しいね。悲しいね


おっとこんなクソ記事書いてる場合じゃねぇえええ
病院いかねぇとおおおおおお


老後は物書きとして一生終えたいなと思います。


「鬱って無職のハッピーターン」 著、里内 色・挿絵、押切 蓮介


うふ。売れてしまうかも。どうしようウフフフ…





過去ログ:2008/04/13



『君を待つ間』


二日ほど国分寺にある友人宅に居候をした。
友人の休日を丸一日潰してしまい非常に申し訳なかったが楽しかったであります。


週が空けて病院にいき今の症状を先生に伝えてみた。
「うっはwwそりゃあマズイねww事件になんなくてヨカタwww」と先生。

飲む薬が増えた直後に病院に通えず、薬が切れたので反動がひどかったのだと思う。


まぁ何より生きてます。とりあえず。


朝晩の薬が一錠減ったが最近は良く眠れてます。
ホント生きてて良かった。





2011年7月8日金曜日

過去ログ:2008/04/01



『どん底にて』


気づいたら光の見えない闇と病みの中に。
そうここは人生の底辺。

昔、僕がどん底だと思っていた時期はどん底ではなかった。
「どん底」という場所は登るしかない。
でも後どれくらいで登れるのか、その上昇が初まるのかそれは誰にもわからない上に本人にまでわからない。

これから先も僕は新しい「どん底」を見つけ、また登りなおしては人生が過ぎていくのだろう。


昼寝をするたび、夜眠りにつくたびに悪夢を見る。

僕が今まで経験してきた事、見てきた事全てが悪夢となり僕に襲いかかってくる。

気付いた時は寝汗をビッショリとかき、朦朧とした頭で自己嫌悪の中にいる。


それだけならまだいいと思う。

僕が小説家を志望する若き人間ならこの状態を嬉々として(とはいかないか・・・)受け入れ本を書くだろう(だが魂を消耗してまで書いていくという事は待ってる結末は死しかないだろう)

だけれどもこの悪夢は現実を浸食し始めている。ゲームでいうとまるで「サイレントヒル」か「零」みたいなもんか。


今朝いつも通りの悪夢で目覚め、朦朧としていると隣に居る嫁、違うな、相方(ですらない同居人)が一言。

「殺されるかと思った。」

あろう事か夢の果てに同居人にまで手をあげてしまった。


ああ、完全に俺は基地外の域にまで来てしまったんだなと思うと浮かんでくるのは激しい懺悔の心と死への渇望。謝っても謝りきれるものではない。

もう完全に精神病棟逝きです俺は。生きる才能がないのに生まれてきてゴメンナサイ。


一大決心をして病院へ向かったが生憎の休み。終わった。

しばし旅へ出ようかと思います。どっかのネカフェか優しい友人の元へ逝ってきます。
たぶん生きてるので探さないで下さいъ(`ー゜)


里内





2011年7月6日水曜日

過去ログ:2008/03/18



『鳥の鳴き声が聴こえる』


約一週間ぶりにシャワーを浴び(ホントに一週間だったかな・・)、髭を剃り、鏡の前に立って伸びきった髪を見て

「ジョンレノン降臨!皆のもの崇めよ(゜д゜)」

なんて言ったりはしてないが心の中でボソっとつぶやき神様ごめんなさい。


さて天気がいいから病院いくかぁー。

思いも想いも重いもの。
背負って今日も今日とて涙そうそう。

いってきまーすノシ





2011年7月5日火曜日

過去ログ:2008/03/18



『水泳のがっこう』


高校を出て僕は水泳の学校に通っていた。
水泳教室ではない。水泳専門の学校だ。

そこには高校からの馴染みの顔もいて毎日が楽しかった。
そりゃ少しはイジられる事もあったけど(僕は昔から今までずっとイジられキャラなのだったトホホ)。


授業の前に水着を隠された。仕方なく僕は学校の購買へ走る。
そこはまるでOIOIか109の様に水着の店が並ぶ。

とても綺麗なお姉さんに声をかけられ僕はその店へ入った。
女性用の水着を薦められた。
でもそのお姉さんの笑顔と僕も心の中で「別にいんじゃね?」とか思い購入。
千円だった。安いなぁと心から思った。


授業が始まる。
僕は少し恥ずかしかったがその水着を着て参加した。

スクール水着にフリフリをつけたような少し可愛い水着。

またバカにされるかなぁ?と思いながらも特大にデカイプールへ向かう。

途中女の子二人とすれ違った。その中に僕が好きな女の子がいた。
声をかけてくる。そのこと自体に僕は驚き、赤面した。

「似合ってるじゃん!」

「じゃあまた」

と遠くなっていく声。

てっきりバカにされるものとばかり思っていたが、飛んできたのは屈託の無い笑顔と一瞬の褒め言葉だった。
僕は飛び上がりたくなるほど嬉しかった。


プールへと着くと授業がもう始まっていた。
友人達やさっき水着を隠したはずのクラスメイトまで普通に話しかけてくる。

「遅いぞ」

「ちゃんと準備運動してからプール入れよ~」

あまりもの想像と反する反応に僕はおもわず泣きそうになる。
でも涙が流れ落ちる前にクラスメイトに背を向け、軽く準備運動をして大きなプールへ飛び込んだ。


この学校は水泳を専門に教える学校だ。その他に教えてくれることなどちょっとしかない。

英語の先生。黒人のボンバーな髪をした元気な先生だ。
この先生は変な授業をするので有名である。

紙飛行機授業とでもいえばいいのか。

「さぁこの問題をコバヤシ君!コッタエナサァアアアアイッ!」と大きな声を発すると綺麗に折った特大の紙飛行機が光のごとくコバヤシ君の額めがけて放った。

コバヤシ君の額へ突き刺さる紙飛行機。クラス中爆笑の嵐。
この先生はこの授業の仕方が有名で人気でもある。

ちなみにコバヤシ君はクラス一のイケメンだ。


隣の席の子が笑っている。そう水泳の授業のときすれ違ったあの子。
ありえないはずの女性水着を着た僕を褒めてくれたあの子。僕が好きなあの子。

遠く後ろの席のコバヤシ君を振り向いてキレイな笑顔で笑っている。
でもその笑顔の中にどこか僕に向けられた笑顔とは違うなにかがあることを僕は知っている。

そう彼女はコバヤシ君の事が好きだったのだ。

少しだけ頬を赤らめて笑う彼女。でもそれでいい。
彼女が笑ってさえいてくれれば僕は幸せだった。


ある日コバヤシ君が死んだ。

僕の目の前で階段から転げ落ちてくるコバヤシ君。
それはとてもスローモーションで僕の脳裏に焼き付いた。


葬式が行われる。僕は涙が止まらなかった。
僕の好きなあの子も泣いていた。それを見た僕はさらに泣いた。

幸せだった生活が一瞬で崩れてしまったのだった。涙が止まらない。


そのシーンで目が覚めた。起きたとき何故か泣いていた。
携帯の時計を見るとまだ昼だ。

悪夢なのか良い夢なのかわからない夢を見る日が続いている。





過去ログ:2008/03/07



『動くかぁ』


さて無職な里内。
何から手をつけたらいいかわからない。

だって俺専門学校しか出てないし。・゚・(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャ


社会人経験皆無に近いが無い頭・親父の知恵などをフル導入して考えた。

まず保険証作らないとね(・∀・)ソレダ!!

じゃないと医療費が全額負担になってしまう!!
生活の糧0状態でそれはアウアウ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


ちう事で品川区役所いってまいります。チャリで20分。
良いサイクリングである。


ついでに病院もいってきま(´_ゝ`)ノシ





2011年7月2日土曜日

過去ログ:2008/02/23



『おめでとう!』


少し前のお話ですが1/20(いやかなり前でした)にめでたく友人の結婚式が行われました。
専門学校時代の友人でバンドやスロット娯楽にと数多くの時間を共有しました。

招待された専門学校の友人二人と一路静岡へ。
ここでその時のお話を一つ。


海の見える教会にて式は行われました。ナンテステキナ場所ダ(*´Д`*)

式の形式は人前式というもの。
多くの親戚友人に見守られながら愛を誓うというコンセプトらしいです。

式の段階から呼んで頂いたのですが牧師さんは無し。逆にとてもアットホームな雰囲気が出てて良かった気がします。
何から何までセルフでやろうという意気込みが感じられてとても素敵でした。

友人は以前僕ととても近い職場(音楽関係)で働いていて、入場のBGMや映像なんかを自前で用意していたよう。クオリティも高く見入ってしまいました。


さて新郎友人で呼ばれた僕。新郎友人総数五人!
一緒に呼ばれた専門時代の友人が僕含め三名。高校時代友人が二名。

アウェイ戦の始まりだーヽ(`Д´)ノ つかどんだけ友達少ねーんだYo!www(実際はすげー人のいいヤツですよっと)。


とりあえず食前酒を二杯。
続いてビール瓶で二本ほど。
ワイン?はいはい飲みますよー二杯。

披露宴でグデングデンになって酔い潰れるという技をかまし、あげく最後のほうは寝てました。
ホントごめんなさい<(_ _)>


んで二次会参加。こ洒落たBarで行われました(貸切!)。

新婦友人達は楽しそうでまるで同窓会のノリ。もちろん僕はアウェイなのでひっそり隅っこでちびちびカシスウーロンなどを飲んでおりました。


僕と逝ったツレはオニャノコに話しかけるものも居れば、少ない新郎友人と人生相談していたりと変なやつらばかりです。バカス(´・ω・`)

まぁそんなおまいらが好きさ


その後三次会は自重し帰宅。
新郎が交通費包んでくれてた。俺2マソしか包んでない(´・ω・`)


罪の意識ちょっと開眼ヽ(´ー`)ノ


そんな感じで良い結婚式だったとさ。

お二人とも末永くお幸せに!





2011年7月1日金曜日

過去ログ:2008/02/20



『岐路にたたずむぅ?』


さて、本日20日付けをもちまして仕事を辞めました(´・ω・`)

まだまだ辞表書いたり色々手続きがあったりメンドクサイ事山積みですが。


辞めるに至った経緯なども書き残そうと思います。向後期待ッ!(*'-')b