News



News
・Mix,Mastering受付再開致しました。
オンラインマスタリングについてはコチラ
オンラインミックスダウンについてはコチラ

2012年10月27日土曜日

ユメノハテ

依頼状況が落ち着きを見せオフっぽい日々を満喫しております。

 最終系には辿り着いたけど発表には至ってない作品はいくつか。
幸福にも「今度これお願いします~」といったお話ももらっていたり。

 でもほとんど真っ新な状況
 ニコニコ動画で活動し始めた初期の頃に近いかな?

 少しプライベートが騒がしかったりするので丁度良かったのかも。
 ゆっくり色々なことを見つめ直す時間を頂いた。

 ニコニコでミキサーもどきを始めてからもうちょいで二年。
結局スタートラインから何も進んでないのか?なんて葛藤は常に頭の中にある。


 『そんな事はない』
漠然とそう考えてる

若くて才能に満ち溢れた人、悩みながらも成長してる人、有名な人、(ニコニコを通して)出会う事の出来た人、進む道は別れてしまったけど頑張ってる人。

 たった一作品だったとしても制作を通して同じ時間を共有できた。
 一緒に悩み考え、想いをぶつけ合えた。

心から感謝している。いや感謝しきれない(笑)


 信じてた音楽が嘘っぱちで絶望した現役の頃
 それが元で心を患い前線から身を引くことになって自暴自棄だった

 君等に出会えなかったら僕は音楽をやめてたと思う。

 「スタッフとして音楽と関わり続けたい」
僕が学生時代に描いた夢はもう叶ってしまった(さえないスタジオでさえないアシ・チーフとしてだけど)。

 「夢の果てには何が待っているのか」
今はそれが楽しみで仕方がないのよね~。

 やっぱ音は楽しいよな!うん!

 なんだかこう書くと引退宣言みたい(笑)
 いやいやいやいや、もうちょっと音の中で遊ぶつもりだから!w


 ダクソでもやってオフを満喫するぜー
 ではまた

2012年10月7日日曜日

「欲しいものは全部手に入れないといけない。それが大人。」

昨年冬ぐらいにラジオで聞いた甲本ヒロトの言葉。
調べてもソースが出てこなかったので合ってるかはわかりません。


趣味の食玩集めについて質問された時の回答だった気がします。

この発言を聞いた僕にイナズマが走りました。


この人はワガママだから言ったんじゃない
この人はロックスターであろうとして言ったんじゃない
これこそ真理なのではないか、と


THE BLUE HEARTSの名曲「夢」ではこんな歌詞が唄われてます。

--- あれも欲しい これも欲しい
      もっと欲しい もっともっと欲しい ---


人間は欲深く、「無いモノねだり を死ぬまで繰り返す生き物」というのがボクの自論。
でもそれは死という恐怖を抱えながらも生き抜く為の手段。そんな気もします。


話は戻りまして本題の言葉へ


生きる為に何かを犠牲にしている人。沢山いると思います。
でもボクらは全部手に入れる権利がある。いえ、手に入れるのは義務かもしれない。

例えばそれは
仕事が忙しくても諦めず夢を追うこと

例えばそれは
家族を幸せにするための地位、場所を追うこと


「追い続けることに意義がある」

伝えたかったのはそういうことなのではないか、そうボクは解釈しました。

かなりの時間が経った今でも忘れられない言葉。
今でも脳裏を横切る大切な言葉。ヒロトさんがくれました。

「ありがとう」の一言しかない。少なくともボクは救われました。


結局なにが言いたいか  ボクにもよくわからないっすね
この記事見てくれたお暇な方。独りごちてみては如何でしょう
考えるより感じろ!ってやつですね
 
さて、書き終わった今読み直してみると「かなり宗教じみてる(笑) 」と自分でも感じます。
ボクは自称()無神論者なので「サトウチ論」とでもしておきますか。


駄文にお付き合いありがとう
ではまた

Facebook:誕生日アプリについて

それなりに楽しくFacebookを利用しています。
大抵は自宅、外出先ともにiPhoneより。


先日フェイスブック内「誕生日アプリ」招待を頂いた時の話。
アクセスしてみるとApp Storeに飛び 87円/月 の表示。

(゜д゜)


いやいや自宅警備員という低日給職ですが普通に払える額ではありますよ?
だがしかし!メリットもようわからんものに金など払えるか!

それでもみなさん使っていらっしゃる様なのでちょっと調べました。


これ Facebook PCサイトからアプリ追加すると無料やんね


iPhoneで利用するにはiPhoneに誕生日アプリをいれてください、と
そういう原理と推測しました。どう?

そういった経緯もあり PCサイトFacebook上でアプリ追加。今に至ります。
推測がハズレて請求きたら笑うけど。

そもそも友人、知人の誕生日。Skype、Twitter、携帯でほとんど把握できるけど。
Facebook誕生日アプリのメリットについては模索中。


要は「詳しい人ボスケテ!」という記事でした。
ではまた